「学生に多いケガ」

***「学生に多いケガ」***
この春~夏にかけてケガ注意報です!

特に
小学生→中学生
中学生→高校生
高校生→専・大(短)学生
などの新環境へとなる学生の方々です。

特徴として、

▲体の成長の変化

▲練習量の増加

▲練習環境の変化などです。

急な環境の変化から体が耐えられずケガしてしまうパターンが多いです。

<主なケガ>
1.オスグットシュラッター
2.シンスプリント
3.腰椎分離・すべり症
4.骨折、脱臼、捻挫、打撲
などなど

1.オスグットシュラッター
膝のお皿の下に痛みが発生する。
成長痛として有名ですね。
骨の成長と筋肉の成長スピードの違いやオーバーユースで引き起る。

2.シンスプリント
スネの内側に痛みが引き起る。
陸上競技やサッカー、バスケットなどに多い。
ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾屈筋などの繰り返される筋収縮のよる骨膜の炎症。

3.腰椎分離・すべり症
腰部の痛み。
ジャンプや腰の回旋を繰り返すことで腰椎後方に亀裂ができる。
後発年齢は10歳代。
分離症が悪化するとすべり症に移行。

整骨院で「子ども医療証」利用可能です!
大きなケガになる前にご相談ください!