豆知識集「がん細胞は毎日発生している」

  • がん細胞は毎日発生している

[ほとんどの場合は自然に消滅していく]

日本人の死亡原因として最も多いのがガン(悪性腫瘍・悪性新生物)は他の組織との境界に侵入、あるいは転移し、身体の各所で増大することで生命を脅かす恐ろしい病気です。

ガンには様々な種類があり、代表的なものでは男性の肺ガン、女性の死亡率が高い大腸ガンなどがあります。

そんな恐ろしいガンは私たち自身の身体を形成している細胞の突然変異によって発生するのです。

人間の細胞は60兆個とも言われている細胞によって体内の様々な器官や臓器を形成し、それぞれの役割こなして生命維持を行っています。

その細胞の突然変異によって、現代人の身体には毎日3000~5000個ものガンが発生しています。

この事実を知って驚愕した人がいるかもしれませんが、ガン細胞に侵されてしまう人はその中の一部のひとであり、ほとんどの人のガン細胞は自然に消滅しているのです。

これには、人間の持つ免疫力が大きく影響しているといわれていますが、詳しいことは分かっていません。

ただ、1950年以降ガンによる死亡率が急激に上昇していることから現代人の生活環境や食生活などが、ガンの発生率を高めている原因になっているかもしれません。

ソネイチ鍼灸整骨院

阪急宝塚線「曽根駅」徒歩約5分!

トリガーポイント&ピンポイント施術お任せください!

「予約優先制」

℡06-4865-9669 LINE

予約@rbg2585a