「日常にひそむ姿勢と椎間板の関係」

「日常にひそむ姿勢と椎間板の関係」

日常生活中、仕事や家事・育児の最中に椎間板への負担を感じながら動いている人は少ないことでしょう。

画像は腰(椎間板)にかかる負荷をまとめたものです。

自分が生活の中でよく行う動作を思い出しながら画像と照らし合わせてみてください。

昨今はテレワークが多くなりデスクワーク・同一姿勢が増えています。

画像によればデスクワークは140~185%もの負荷が勤務時間中つねに椎間板に加わっています

痛みや違和感がなければ特に腰(椎間板)の状態を意識することもないと思いますが単純に腰は耐えているだけなのです。

負荷が多くなり耐えきれなくなれば痛みとして現れます。

ヘルニアやぎっくり腰になってしまう前に日頃からのケアが大切になります。

少しでも痛みや違和感があれば早めにご相談ください!

画像:Nachemson.1976

ソネイチ鍼灸整骨院
阪急宝塚線「曽根駅」徒歩約5分!
トリガーポイント&ピンポイント施術お任せください!