3回の施術で腰痛が改善

今回の患者さんは5年前から腰の症状に悩まされていた患者さんで

車に長時間乗ってから立つときに痛みがあり仕事に支障がでていて

朝一番にも腰痛がでていました。

 

来院当日は、全身の筋肉の硬直感と座ってても片方の腰にだるさがありました。

初回の施術で10日間痛みとだるさがありませんでした。

初回の施術は手技と鍼灸を受けて頂きました

手技では関節の動きをつける手技と筋肉を柔らかくする施術をおこない

鍼灸治療では内臓の働き(特に胃腸の働きに問題が出ていたので)を高める

ように手足のツボを使用してから腰に関連する筋肉を緩めるツボを使用しました

施術あとには腰のだるさと硬直感は消えていました。

 

2回目では腰とそれ以外の症状にアプローチをしました。

体の状態がよくなってくるとカバーしていたところに症状が出ることがあります

この方の場合首と両足に症状が移動していたので、腰の施術はもちろんの事

首と足を調整する施術をおこないました。

 

3回目の施術で卒業して頂きました。

症状が落ち着いていたので普段の肩こりや内臓の調整をして施術を終えました。

 

<東洋、西洋医学からの視点>

腰痛を起こす原因は様々です。

酸素不足、老廃物がうまく流れない、自律神経のバランスがうまくいかないなど

様々です。

当院ではその原因を東洋医学の視点と西洋医学の2つの視点から

見ていく事によりより早く回復させるように勤めています。